男性(メンズ)ヘアアイロンのテクニック6つはこれだ!

男性であれば、女性からモテるために、少しでも髪の毛の手入れをしていきたいものですよね!会社とかでも、魅力的な人間になるために外見って重要になってきたりしますからね。

 

やっぱり、手入れをしている人と、していない人。どっちが魅力的かって、そんなのいわずもがな。それでは、男性(メンズ)のヘアアイロンのテクニックについて、ここでは、詳しく紹介していきますね。

 

男性(メンズ)ヘアアイロンのテクニックって、学ぶ必要あるの?

heaaironteku1

出典:http://www.beauty-box.jp/

イメチェン時に評価を受ける点は、普段よくヘアアイロンに対して、多くの人が間違った認識を持っています。

 

それは、『髪をまっすぐにするために使う』というもの。

 

もちろん、ヘアアイロンを使うことで、まっすぐにすることも出来ます。

しかし、それだけではありません。

 

他にも、

 

「ヘアアイロンって髪を盛り盛りにするときつかうんでしょ?」

 

っていうような人もいるのですが、こちらも誤解です。

もちろん、そんな髪にすることもできるのですけどね。

 

なのですが、メンズでヘアアイロンを使う理由というのは、これに限らないのです。

 

アイロンはセットの土台として髪を整えるために使うのです!

 

男子の抑揚を求められる複雑なヘアスタイルも、ヘアアイロン使えば楽勝ならクシでとかせば良いんじゃないの?と思われるかもしれません。

 

なのですが、メンズのヘアスタイルって、女性とは異なり、すべてまっすぐにしたらOKというような単純なものでもありません。のっぺりと押さえつけるだけでは駄目なのです。

 

まあ女子もふんわり感だったり、毛先のカールなどたくさんあるので、それを否定するわけではないですが。

 

とはいえ、男性の場合は、少しでも立体的にしていく必要があるのです。

 

  • まっすぐにするべきところはまっすぐにする。
  • ハネさせるべきところはハネさせる。
  • ふんわりさせるところは膨らませる。
  • 抑えるべきところは抑える。

 

このようなコンセプトにあったことを確実にこなしていくことがコツになりますよ。

 

つまり「整える」とは、髪の毛をセットする上での「土台」を作ることなのです。

 

これらの操作はヘアアイロンでやれば簡単ですが、別の方法で、となるとかなり難しくなります。

 

ちなみに、 ヘアカタログの髪型は、皆ヘアアイロンで作られています。一見、何もないようなナチュラルなセットもです。

 

なので、男性にとっては、必須のアイテムという事ですよね

 

男性(メンズ)ヘアアイロンの7つのテクニックは?

それでは、早速、男性(メンズ)のヘアアイロンの7つのテクニックについて紹介します。人は見た目が9割とも言いますが、ここで紹介するテクニックを完全に自分のものにしていきましょうね。

 

テクニック①:前髪が○○○○○にならないようにする

heaaironteku2

出典:http://okwave.jp/qa/q7851201.html

始めは、『前髪がぺったんこにならないようにする』というものです。

 

ストレートアイロンを使っていてよくある悩みというのは、あまりにも前髪がまっすぐになりすぎていて、やや気持ち悪いってことがよくありますよね。

 

このように前髪がまっすぐになりすぎる原因というのは、あまりにも、前髪を真っ直ぐ下におろしてしまうことが原因です。

 

それでは、このようにまっすぐになりすぎないためには、どうしたらいいのでしょうか?

 

ポイントとしては、

 

前髪を真ん中まで前に向かって伸ばして、そこから内向きにカールを作る

 

この方法が比較的おすすめですよ。

 

最後に丸くCの字を描くようにすることを意識するテクニックを使うことで、丁度いいかんじに、髪がおさまってくれますよ。

 

テクニック②:ヘアアイロンで○○○を作っていく

heaaironteku3

出典:https://beauty.hotpepper.jp/slnH000128809/style/L000437107.html

 

続いて、『ヘアアイロンで外ハネを作るようにする』というもの。

 

ヘアアイロンというのは、単に、髪を真っ直ぐにするというものでもなく、外はねを作っていくときにも、大きな効果を発揮することが出来ます。

 

ハネさせたい毛の先をまずアイロンで挟んで、手首を返すような形で使っていく事により、比較的上手く外はねを作成していく事が可能になるはずです。

 

このようなテクニックもよく髪を意識する男性(メンズ)によく利用されている手法でもあります。

 

テクニック③:ヘアアイロンで○○○○○○を作る

heaaironteku4

 

続いてのテクニックは『ヘアアイロンでアップバンクを作る』というもの。

 

「アップバング」とは、前髪をあげるという意味です。 アップバングは、自分の魅せたいイメージに合わせて前髪のアレンジができるのが特徴的ですが、その際に、ヘアアイロンを作れるのです。

 

前髪が長くてアップバングが作れないって悩んでいる男性(メンズ)にこそ、おすすめのテクニックなのです。

 

持ち上げたい量の前髪をヘアアイロンで挟み、上に反り返すようにアイロンをかけていく

 

こうすることで、比較的お好みのアップバングを作ることが出来ますよ。

 

テクニック④:ストレートアイロンで○○○風ヘアを作る

heaairon5

出典:http://img.beauty-box.jp/2014/04/IMG_4560-375×500.jpg

 

続いて、『ストレートアイロンでパーマ風ヘアを作る』というもの。パーマ風の髪型ですね。

 

カールタイプのヘアアイロンでないと、なかなか、作ることが難しいのでは?って思われるかもしれません。

 

なのですが、思っているよりも簡単に作成できます。実はストレートアイロンでも簡単に作れちゃうんです!

 

少し、動画がありますので、紹介します。

[youtube id=”6aPGF2TLPXo” mode=”normal”]

 

見て頂くとお分かりになると思いますが、髪を薄く挟んで、手首の返しで丸くしていくのがポイントになります。

 

このときに、同じ方向にしていくのではなく、ランダムで毛流れを作ることで、より無造作なかんじを出すことが出来るので、ここをいかにかっこよく見せるか。鏡をチェックして実際に試行錯誤してみてくださいね。

 

テクニック⑤:○○○○○○○風に決める

tuisutopa-ma

 

続いてのテクニックは、『ツイストパーマ風に決める』というものです。

 

先程の応用の作業になるのですが、アイロンを使って挟む前に、簡単に指でねじります。

 

そうすることによって、ツイストパーマのようにセットすることができるのです。

 

こちらも、動画がありましたので、紹介しますね。参考にしてみてください。

[youtube id=”P0rR2NzaTdY” mode=”normal”]

 

 

ヘアアイロンを使うことで、このようなこともできるので、パーマも不要になってしまいますよね。

 

テクニック⑥:○○の流れを変える

maegami

 

続いて、『前髪の流れを変えていく』というテクニックをみていきましょう。

 

これは、よくくせ毛の方が悩まれているのですが、くせ毛のせいで、左にはねてしまう事ってありますよね。

 

そんなくせ毛で、なかなか前髪を好きな方向に流すことが出来ないという方におすすめの方法を2つ紹介します。

 

おすすめの方法1

流したい方向に髪を軽くねじる。
 

例えば右に流したいと思った場合には、右手人差し指を使いながら、くるくると右に流れていくように前髪をまきつけていくのです。

manga

出典:http://agdainfo.blogspot.jp/2014/04/blog-post_15.html

 

イメージはこんなかんじですね。

 

おすすめ方法2

ねじった状態を固定し、アイロンを流したい方向へかけていく

うまくねじれたら毛先をつまんでねじった状態にしておきます。そして、その状態で流していきたい方向にアイロンをかけていくことで、自分の思い通りの咆哮へ前髪を流すことが出来ちゃいますよ。

 

テクニックや使い方を具体的に知るのにおすすめUtube動画

 

そうはいっても、なかなか、どのようにして、使えばいいか、リアルに見てみたいという方もいらっしゃると思います。

 

ちなみに、美容室で最後にヘアアイロンで仕上げてくれるところがありますが、その時使い方を教わるという方法を使うのも一つ。

 

ただ美容師でも、なかなかメンズのヘアセットでアイロン使いが上手い人って少ないのです。

 

そんなときにおすすめなのがUTubeです。

 

こちらには、ヘアアイロンの使い方を具体的に知ることができますよ。

 

特にOCEAN TOKYO harajuku 代表の三科光平氏の動画は、わかりやすいのが特徴的です。

 

初心者の方は是非ともチェックしてみてくださいね。

[youtube id=”UcKbjRtKQDw” mode=”normal”]

 

三科光平氏のこの動画に関しては、アイロンだけではなく、ダッカールやコームについてかなり詳しく紹介されています。

 

ただ、やや難しいかもしれません。これを見てしまうと、ヘアアイロンがむしろ難しすぎるものと感じてもおかしくないので、かんじだけをつかめたらいいのでは?って個人的には思います。

 

簡単に言えば、ダッカールで髪を留めて、コームで髪をとかして、「少し丸みを付けて」アイロンしてあげれば前髪は問題なしです!

 

初心者がまずやるべきことは、いきなりヘアアイロンでカールを作りまくることでもないですし、この動画で多いのはこの「盛り盛りヘアーを作ること」、なので、ナル男が伝えたいことが、間違って伝わるかもしれません。

 

とりあえず、初心者の方はアイロンで整えるときのやり方をよくみてみるようにしてくださいね。

 

初心者がやるべきこと、それは「顔周りの髪の毛だけでも、アイロンで整えてみる」ことです。

 

これで、自分で感覚をつかむようにしてくださいね。

 

ヘアアイロンだけではなくて、ドライヤーで髪を乾かすところから分からないなら、こちらもおすすめなので紹介しますね。

[youtube id=”l4KFGCPywbE” mode=”normal”]

 

他にも、こちらの動画も参考になるので、チェックしてみてくださいね。

[youtube id=”vAnJNHYH3CA” mode=”normal”] [youtube id=”gpcF0FwIPCc” mode=”normal”]

 

あとは詳しく解説されているこの辺を見ると良いかなと思います。

[youtube id=”lDxUbM6TOgY” mode=”normal”]

 

まとめ

ということで、7つのテクニックを再度まとめていきますね。

  • 前髪がぺったんこにならないようにする
  • ヘアアイロンで外ハネを作るようにする
  • ヘアアイロンでアップバンクを作る
  • ストレートアイロンで○○○風ヘアを作る
  • ツイストパーマ風に決める
  • 前髪の流れを変えていく

 

このあたりをしっかりと使いこなして、いきましょう。

 

以上、男性(メンズ)ヘアアイロンのテクニック6つはこれだ!についてでした。