お腹を短期間で引き締めたい…筋トレなどで1週間で痩せる方法!男性編、女性編

お腹痩せる方法 1週間 短期間 男 女 筋トレ

あなたは

『すぐにお腹を引き締めたい!』

と感じていませんでしょうか?

 

夏が近づいてきて、この体のまま海に行ったら生き恥を晒しているようだ・・・と思ったり、あるいは意中の異性とデートが1週間後にあって・・といった方もいるかもしれません。

今まで、溜めに溜め込んだ脂肪を短期間で、1週間で引き締めたいと思うのは贅沢のように思えますが、筋トレなどを中心にどうしても痩せたいという方のためにお腹を引き締める方法を伝授します。

 

焦っている人はたくさん

 

SNSをみると実際にどうしても痩せたいという場面に直面している人がたくさんいるようです!

 

やばい!めっちゃタイプの人と今度デートすることになったんだけど、着痩せにも限界があるし、今からだと時間がないし・・・どうしよう・・・

今度海に行くことになって、好きな人もくるらしいからいきたいんだけど生き恥晒す覚悟になりそう・・・誰か痩せられる方法教えて!(T ^ T)

痩せたいけど、痩せられない・・・

誰か短期間で劇的に効果のある方法知りませんか・・・

 

このように色々理由があってとにかく痩せたい!と考えている方は少なくない見たいです。

 

では実際に痩せるためにはどのようなことが重要なのでしょうか?

ただ、実際に太ってる根本的な原因がわからなければ、痩せることはできません。

続いてはお腹の脂肪を落とすために必要なお腹周りの脂肪ができる原因についてみていきましょう。

 

お腹周りに脂肪がついてしまう原因とは

お腹痩せる方法 1週間 短期間 男 女 筋トレ

お腹につく脂肪の正体

お腹周りについている脂肪は、皮下脂肪と内臓脂肪に分けられます。

掴めてしまう脂肪は皮下脂肪なのですが、皮下脂肪は女性の方がつきやすく、男性は内臓脂肪の方がつきやすいという特徴があります。

 

そのため、男性と女性ではお腹周りの脂肪を落とす際のアプローチが少しことなってくるのです。

男性と女性、それぞれ短期間でどのようなアプローチを行う方がいいのかについてお伝えしていきます。

まずは男性編からお伝えしますが、女性の方が男性編が全く関係ないかというとそうでもないので、お腹周りを引き締めたい女性の方は男性編も目を通していただくことをおすすめします。

 

お腹周りの脂肪を短期間で落とす方法・男性編

お腹痩せる方法 1週間 短期間 男 女 筋トレ

男性が蓄積しやすいのは内臓脂肪

男性ホルモンは筋肉量を増やすと同時に内臓脂肪を蓄積させる働きもあります。

そのため、筋肉量が多い男性は女性に比べて皮下脂肪をもちやすい傾向があります。これは内臓脂肪が筋肉を動かすエネルギーになるという性質が関係しています。

 

内臓脂肪はたまりやすいもの減らすこともその分簡単という特徴があるため、男性の方は女性の方に比べてお腹周りが痩せやすいと言えるでしょう。

内臓脂肪は生活習慣病の原因になるものなので溜め込みすぎは厳禁です。内臓脂肪が多い人は心臓病や脳梗塞での最高で死亡率が20倍近く高くなるといった特徴もあります。

 

内臓脂肪を落とすためには

内臓脂肪を落とすために有効なのは体脂肪を直接使う有酸素運動です。

有酸素運動を始めたばかりのときは血中にあるエネルギーを使うのですが、20分以上続けると血中のエネルギーがなくなり、脂肪をエネルギーとして変換して使い始めます。

 

そのため内臓脂肪落としたい人は20分以上の有酸素運動がおすすめです。ランニングが辛いという方は浮力を活かせる水泳やウォーキングから始めるといった方法も有効になります。

食事の面では糖質制限ダイエットがおすすめです。よく炭水化物ダイエットと糖質制限ダイエットは混同されがちですが、

  • 炭水化物=糖質+食物繊維

ですので、本質的な部分では糖質を制限することに重きを置いているといって点で同じです。食物繊維は制限しない方がいいので(腸内に老廃物を溜めてしまう可能性がある)糖質制限を主とした方がいいでしょう。

糖質がなくなると体は内臓脂肪をエネルギーとして使い始めますので、運動面、食事面から内臓脂肪が燃焼する状態を作りましょう。

 

ただ、男性のお腹の脂肪が全て内臓脂肪というわけでもないので、皮下脂肪を落として引き締めるためにも皮下脂肪の落とし方が重要になってくる女性編の方もご覧になてみて下さい。

 

お腹周りの脂肪を短期間で落とす方法・女性編

女性が蓄積しやすいのは皮下脂肪

女性が蓄積しやすい皮下脂肪は皮膚の下、筋肉の上にあります。そのためスタイルに大きな影響を与えます。

女性としてはやはりスタイルがいい方がかっこいいので、皮下脂肪をなんとか撃退したいところですよね。

 

皮下脂肪は一度溜まってしまうと落としにくいという特徴もあるため、根気強くアプローチしていく必要があります。

そのため1週間でモデルのようなスタイルに・・・というのは難しいかもしれませんが、今よりスタイルのいい状態に近くための方法を続いてお伝えしていきます。

 

皮下脂肪を落とすためには

皮下脂肪を落とすためには、有酸素運動を筋トレの双方からアプローチする必要があります。

有酸素運動が脂肪を燃焼してくれる効果があることは先ほど男性編でお伝えしましたが、筋トレが必要な理由は2つあります。

  1. 脂肪をつきにくい体にするため
  2. 皮下脂肪を引き上げスタイルをよく見せるため

といった理由です。

皮下脂肪自体が、筋肉が落ちていること、少ないことが原因で溜まっていってしまっているので、スタイルアップのためには筋力をつける必要があります。

 

また、皮下脂肪は落ちにくい特徴があるため、脂肪がつきにくい体作りをしておくことも重要です。

それ以外にも皮下脂肪は代謝も重要になってきます。

脂肪細胞の周りにも血管はありますが、筋肉と比較して面積は少なくなっています。

 

そのため、皮下脂肪によって比較的少ない脂肪細胞の血管が圧迫され、さら血流が悪くなり代謝が下がることで燃焼しにくい状態に陥るという悪循環になる可能性があるのです。

なので、唐辛子に含まれるカプサイシンを摂取して体温をあげ脂肪を燃焼させる効果を期待したり、体温が上がるお風呂でのマッサージやお金をかけても痩せたいという人はエステにいて皮下脂肪燃焼を目的としたコースを受けるのもいいでしょう。

皮下脂肪は落とすのに時間がかかりますので、根気よく続けていきましょう。

 

もちろん、女性の脂肪がすべて皮下脂肪というわけではありませんので、糖質制限などを行うことも有効ではあります。男性編も合わせて読んで短期間で理想のスタイルに近づけるように努力を重ねていきましょう。

 

どうしても1週間で痩せたい!と考える方必見の短期間集中エクササイズ

腹筋

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=muSBIWrgfoM” mode=”normal” /]

お腹周りを引き締めるのであれば欠かせないのが腹筋です。皮下脂肪を引き上げてたるみを無くすためには腹筋は必要不可欠なのです。

何も考えなしに腹筋をするのではなく正しいフォームで腹筋にしっかり効いているのかを確かめながらやる必要があります。

腹式呼吸を意識しながらトレーニングすることで効果を高めることができるため、取り入れていきましょう。

イメージとしてはお腹を中心に体を丸めるようなイメージで取り組むとお腹周りに効いてきます。

 

体感トレーニング

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=iDWwqRcoVyo” mode=”normal” /]

お腹が沈んだり、お尻が上がったりしてしまわないようにするがポイントです。余裕がある人は片足でもやってみましょう。

10秒でできるので、続けやすいトレーニングです。

インナーマッスルを鍛えることができるので、基礎代謝の向上や脂肪燃焼効果が見込めます。

それ以外にも大腰筋という上半身と下半身を繋ぐ筋肉を鍛えることができます。これが弱ってしまうと骨盤を支えることができなくなり、歪みが生じた結果、下腹が出るといった状態になりかねませんので、1週間だけでなく日々鍛えることが重要です。

 

ねじり運動

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=Kf12gkTJKsQ” mode=”normal” /]

1週間で効果を出したいと思うのであればウエストを捻る運動はかなり効果的です。

お腹の横の筋肉を効果的に鍛えることができ、動かすことで血流がよくなり、代謝アップや脂肪燃焼効果が期待できますので積極的に活用していきましょう。

それ以外にもお通じの悪さがお腹のぽっこりに影響を与えている可能性のある方は便秘解消効果もあるため、ぽっこり撃退にも効果的です。

 

下腹部

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=8kqxY95KHQM” mode=”normal” /]

これはなかなか強度の高い運動ですが、下腹を鍛えてお腹を引き締めたいという方には効果的です。短期間で痩せたいと思うなら必ず取り入れましょう。

ただ負担も高いので、辛いからは手をお尻の下に持ってきたり、ひざを曲げるなどして強度を調節していきましょう。

特に女性の方は男性に比べて下腹が出やすいという体質がありますので、ウエストラインを引き締めたり、ヒップアップ、下半身引き締めにも効果のある下腹部の運動を必ず実践していきましょう。

 

スクワット

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=OIXu3V-lhLg” mode=”normal” /]

スクワットも強度が高いです。膝があまりよくない方は痛めないように注意しながら行いましょう。

最初のうちは回数を少なめにして慣れてから増やして行く方が体に負担がかからないのでおすすめです。

スクワットは消費するエネルギーが多くスクワット15回=腹筋500回とも言われるほどの効果があります。

また、一番人体で筋肉量の多い太ももなどを中心に筋肉を鍛えることができるため、長期的に見ても基礎代謝の向上のための運動としてとても効率的です。

1週間のうちに成果を出したいなら必ず取り入れて、自分を追い込んでいきましょう。

 

男も女も効率よくお腹を引き締めたいならHMB配合サプリメント

メタルマッスルHMBサプリメント

今話題のサプリであるガクトさんが推薦する

『メタルマッスルHMB』

HMBサプリメントはいろんなメーカーが販売していますが、今最も話題になっているようです。

しかも、男性だけではなく、女性にも効果があるということでかなり認知されるようになってきました。

 

これを使う事で私たちもガクトさんのような肉体美をゲットして、女性からモテモテになれるんじゃないかなという感じです!

 

 

男の筆者でもほれぼれしてしまうほどの体なのでメタルマッスルを飲み続けていい体を作っていこうかと。

>> ガクト愛用のメタルマッスルHMBを初月500円で使う

 

また、それと同時に加圧トレーニングというのも効果的らしいので、自宅でいつでも気軽に体験出来る加圧シャツというものも利用してみました。

 

 

これまたかなり売れている加圧シャツでスレンダーマッチョプラスというもの。

とりあえず1枚だけ買ってみてのですが、着用するだけでかなり苦しいです・・・

ただ、これがいわゆる加圧状態になるので頑張ってみたいと思います。

>> スレンダーマッチョプラスでムキムキになる!

 

まとめ

お腹痩せる方法 1週間 短期間 男 女 筋トレ

いかがでしたでしょうか?

男性と女性ではつきやすい脂肪の種類が違うため、効果的なアプローチも異なってきます。

しかしながら、痩せるために必要な要素は共通する部分があるので様々な面からアプローチしていきましょう。

1週間でダイエットするとなると、急に運動したり食事制限をしたりすることになると思いますが、体に負担がかなりかかるためあくまでも無理のない範囲で行うのが大切です。

かっこよかったり、綺麗なスタイルをキープしている芸能人の方の多くが様々なダイエット方法を組み合わせたり、試したりして自分にあった方法をいくつか残すといった形で見事なスタイルをキープしています。

自分自身にあっていて長く続けられるものから取り入れていきましょう。