筋トレしてモテるのか?数々の男性が実感したおすすめ部位とは?

筋トレ モテるのか 男 実感 おすすめ部位

もしかしたら『筋トレってした方がモテるの?』と思ってませんか?

 

結論からお伝えすると筋トレをした方がモテる確率が上がります

今回はなぜモテるのか以外にも、女性が好きな筋肉の部位別ランキングやランキング上位の筋肉を効率よく鍛えるためのトレーニングについてお伝えしていきます。

筋トレして女性からモテる体作りをしたい方は必見です。

 

筋トレしてなぜモテるのか?

筋トレ モテるのか 男 実感 おすすめ部位

もしかしたら『本当に筋トレをしてモテるの?』と疑問に思っているかもしれません。

わかりやすくお伝えするため男性目線でお話すると、ブヨブヨのお腹の女性とスタイルのいい女性とどちらがいいのかと言う話になります。

当然大多数の人はスタイルのいい女性の方がいいですよね。

 

これは女性目線から見ても同じことなのです。ただ、筋肉が全てというわけではありません。

もちろん筋肉をつけたことでモテる確率は上がると言えるでしょう。

魅力的な外見や筋トレを通じて得た自信というのは表面に現れてきますので、男性らしく見えたり、かっこよく見えるようになるからです。

 

ただ、筋肉が好きな女性、そうでない女性、様々な女性がいます。恋愛においては入り口の部分でファッションや清潔感など外見によってNGにならないためのものと言えます。

なので、外見でNGにならなかった先は

  • 気遣いができるか
  • 話していて落ち着くか
  • 楽しませてくれる要素があるか
  • 大切にしてくれるか

など内面的な部分が評価されるウェイトが高くなってきます。

もちろんお金などわかりやすい部分もありますが・・・

 

外見はかっこいいけどモテないという方は「かっこいい」と女性も最初は好感的ですが、実際に少し話てみたら違和感を感じたといった可能性があります。

自覚がある方は「モテ」といった部分を切り取ってお伝えすると女性が「かっこいい」「素敵」と思ってくれるように他の部分を鍛え『恋愛の総合力』をあげる必要があるのです。

 

そんなことをお伝えすると筋トレしようか迷ってしまう方もいるかもしれませんがモテたいなら筋トレは絶対にした方がいいです。

ただできればモテに直結するような筋肉を最短で鍛えたいですよね。そこで女性が魅力的と感じる筋肉の部位ランキングをお伝えしていきます。

 

女性が好きな部位ランキング

筋トレ モテるのか 男 実感 おすすめ部位
  1. 前腕(肘から手首)  19%
  2. 大胸筋(胸)     16%
  3. 上腕二頭筋(肩から肘の前側) 16%
  4. 腹直筋(腹)   12%
  5. 広背筋(背中)  10%

引用元:http://news.mynavi.jp/c_cobs/enquete/realranking/2009/08/3_2.html

 

こちら女性の好きな筋肉の部位ランキングの統計です。

女性が好きな筋肉のランキングについては様々な統計がありますが、こちらのアンケートは母数が多く統計としても古すぎないものです。また、20代の女性をターゲットにしたものです(ここは重要ですよね!笑)

 

男性としては筋トレというと大胸筋や腹筋をイメージする方が比較的多いと思いますが、女性目線では実は90%近くの女性は腹筋以外に魅力を感じているのです。

  • 筋トレ=腹筋を割りたい

と考える男性も多いかもしれませんが、モテに直結する腕や大胸筋を鍛えるのが重要と言えるでしょう。

 

もしかしたら筋トレをしてもモテない・・・と感じている方の中には、腹筋ばかり鍛えて他の部分をおろそかにしている可能性があるかもしれません。

 

男性の筋肉に対する女性の口コミ

筋トレ モテるのか 男 実感 おすすめ部位

27歳女性Yさん『長年ジムに通っている人は総じてかっこいい』

長年ジムに通っている人は総じてかっこいい人が多いですよね。顔が引き締待っているというか、凛々しい印象が強いですね。

それぞれ鍛え方には特徴というか自分が鍛えたい部位があるみたいだけど。辛い筋トレをコンスタントに続けれる根性というか、精神力が他の男性とは違うなって思っちゃいます。

22歳女性Iさん『私二の腕フェチなんです』

私、二の腕フェチなので、男性の肘から下の筋肉にめちゃめちゃ萌えちゃうんです。

腕まくりしている男性がいたら必ず二の腕に目が行っちゃいますね。それ以外にも肘から先の腕の張り具合というか筋肉も気になります。比較的見えやすいところですが、太さとかハリが気になるんです!笑

25歳女性Oさん『シャツからでもわかる胸板の厚さが好きです』

やっぱり男性の中で好きな部分といえば分厚い胸板ですね。しっかりしっかり鍛えられている人はかっこいいなって思います。

スーツを来ていてもわかるくらいに胸板が厚い人は大体かっこいい(笑)

個人的にはそう思っていますね。

 

女性の筋肉の部位に対しての反応を見ていると全体的に普段の生活で見える部位についての反応が多いことがわかりました。

確かに腕や大胸筋は服の上からでも腹筋に比べわかりやすいですよね。普段の生活や職場などでふとしたときに見えてしまう男性らしい筋肉にセクシーさを感じてしまう方が多いみたいです。

そのため、女性から見えやすい筋肉を鍛えることがモテのためには大切といえそうです。確かに腹筋はあまり見える機会がないですよね。

 

続いては腕や大胸筋を鍛えるために重要なトレーニングについてお伝えしてきます。

 

筋トレにおすすめの部位の具体的メニュー

プッシュアップ

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=0_6FienQZuk” mode=”normal” /]

プッシュアップは大胸筋全体を鍛えることのできるトレーニングです。

筋トレをする上で大切なのは正しいフォームで行えるようになること。

動画を確認して正しいフォームで行えるように練習していきましょう。

 

ダンベルフライ

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=8Kxp6ro_gso” mode=”normal” /]

ダンベルが自宅にある方はプッシュップより大胸筋に負荷を集中できるダンベルフライに挑戦しましょう。

ベンチがあるのがべストですが、ベンチがなくてもできるトレーニング方法なので、自宅で出来るトレーニングとしておすすめです。

 

トライアングルプッシュアップ

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=yxIWp5rpp3o” mode=”normal” /]

トライアングルプッシュアップは大胸筋の内側を鍛えることができるトレーニングです。

俗にいう腕立て伏せのバリエーションということになりますが、手をおく位置だけで鍛えることのできる部位が変わりますので、自宅で出来るトレーニングとしておすすめの方法です。

 

スタッガードプッシュアップ

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=JmqqtXRUGlo” mode=”normal” /]

大胸筋下部は自宅ではなかなか鍛えるのが難しい部位ですが、プッシュアップのバリエーションで鍛えることも可能です。

筋肉は同じ鍛え方をしていると刺激がマンネリ化することがあるのですが、そのときに刺激を与える一つのバリエーションとして違ったトレーニング方法を持っておくことのは大切です。

 

ディップス

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=LLbUWPW2pus” mode=”normal” /]

大胸筋下部を効率よく鍛える方法としてよく使われているのが、ディップスという種目です。

イスが二つあればこのように鍛えることができます。イスがない方でも6000円くらいで自宅でディップスができる器具を手に入れることができます。

ジムに通っている方であれば専用のトレーニング器具があるため、そちらを使いましょう。

 

ダンベルカール

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=gD–CE9zv90″ mode=”normal” /]

上腕二頭筋を鍛えるために重要なダンベルカールについてとても詳しく解説して下さっている動画です。

効率よく鍛えるためには鍛える部分以外を使わずに上腕二頭筋の収縮のみでダンベルを持ち上げる必要があるのですが、その感覚を身につけることができないと効率の悪い(本来鍛えたい筋肉をトレーニングできていない)状態になってしまいます。

自身が鍛えたい部位に(この種目の場合上腕二頭筋)負荷がしっかりかかっているかを確認しながらおこないましょう。

 

リストカール

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=fO2V-g3zkJA” mode=”normal” /]

リスカールは前腕を鍛える種目です。

コツは手首の力だけを使ってトレーニングすることです。

片腕ずつ行った方が、正しいフォームで行いやすい(意識を集中させやすい)ので、片腕ずつ行っていきましょう。

 

リバースリストカール

[arve url=”https://www.youtube.com/watch?v=l4Pja8is2uA” mode=”normal” /]

リバースリストカールは先ほどのリストカールとセット行うのがおすすめです。

前腕をバランスよく鍛えることができます。

 

筋トレをする上で重要なポイント

筋トレ モテるのか 男 実感 おすすめ部位

筋トレする上で大切なトレーニングの基礎を抑えていきましょう。

 

筋トレは量より質の方が大切

筋トレというと回数をこなすといったイメージがある方もいるかもしれませんが、大切なのは『鍛えたい筋肉に負荷がかかっているのか』といった点になります。

なので、なにも考えず100回腕立て伏せをやるのと、しっかり負荷がかかっているかを考えて、10回行った腕立て伏せでは後者の方が効率よく筋力を鍛えることができています。

ダンベルなどを選ぶ際も軽くて楽だから、最初は軽くていいやといった基準で選ぶのではなく、10回トレーニングをしたらこれ以上できないといった重さのものを選んだ方が効率よく鍛えることができます。

ただ、関節などに負担がかかりすぎてつづけることができなくなってしまってはいけませんので、自分の体の状態をよく知るようにしましょう。

 

1種目は3セット以上

10回でおしまいとしてしまう方もいるかもしれませんが、大切なのは10回1セットをインターバルを置いて3セットはやるということ。

筋肉は1セットではまだまだ余裕があります。

筋細胞が破壊されて筋肉痛が起こり修復していく過程で筋肉は太くなりますので、1セットだけでなく1分間のインターバルを置いて筋肉を追い込んでいきましょう。

 

筋トレは筋肉を疲れさせて休ませることが重要

筋トレは筋肉を完全に疲労させることが重要です。

そして、同時に筋肉をしっかり休ませていくことが重要です。

先ほどもお伝えした通り、筋肉は回復していく中で大きくなっていきます(超回復)。どのくらい休ませればいいかについてはおおよそ48時間〜72時間と言われています。

ただ部位によって超回復の期間は違っており、腕や腹筋は回復が早いので、1日のインターバルで大丈夫なこともあります。

筋肉痛が一つの目安になっており、これが治ったら筋トレを再開しましょう。

 

まとめ

筋トレ モテるのか 男 実感 おすすめ部位

いかがでしたでしょうか?

男性目線では筋トレ=腹筋のイメージが強いと思いますが、以外にも女性は腕や大胸筋の方が好きという結果がわかりました。

モテに直結する筋肉を効率よく鍛えて、恋愛の入り口を広げられるようにできるといいですね。