お腹をへこます方法!肥満の原因は内蔵脂肪?短期間で男が痩せるには?

あなたは最近

『お腹がやばい・・・』

そんな風に思い始めているのではないでしょうか?

 

海に行く予定があったり、温泉に行く予定があったり、人前にだらしないお腹をさらすのはごめんだ!と考えている方もいるかもしれません。

なんとかして短期間でお腹をへこます方法が知りたい方は原因を知って正しくアプローチする必要があります。

 

正しい知識がないと闇雲にダイエットに励んで結局効果がでずに挫折して・・・といった結果になりかねません。

短期間で効率よく脂肪を落としたい方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

お腹の脂肪がどんどんついてしまう・・・

 

『入社したてはスリムだったのに・・・』

歳を重ねるごとに仕事が忙しくなってきて、付き合いの飲み会や不規則な生活になってきていませんでしょうか?

 

運動する機会も意識的に取り入れてないと、だんだんと脂肪が蓄積されて気づけばビール腹に・・・

といったことはサラリーマンの方によるあることです。

 

昔の写真をみたときにまるで別人の自分をみてショックを受けている方も多いことでしょう。

『まさか自分がメタボに・・・』

  • 年齢だから・・・
  • 忙しいから・・・
  • 付き合いだから・・・

そんな言い訳を重ねてしまう方もいるかもしれません。

 

ただこの記事を読んでいるということは少なくとも「メタボ腹を改善してお腹をへこませたい!」と考えているのではないでしょうか?

中には今まで挫折をした経験を持っている方もいるかもしれません。

 

実は正しい知識を持ってダイエットに勤しめばお腹をへこますことはそこまで難しいことではありません。

まずはお腹周りに脂肪がついてしまった原因を知り効率的に脂肪を落とすアプローチを知りましょう。

 

お腹周りに脂肪がついている原因

あなたのお腹に脂肪がついているのはこのような原因があります。

  • カロリーの摂取量が多い
  • 筋肉の衰え
  • 酵素の不足
  • ストレス
  • 不規則な生活習慣

30代を過ぎると一気に太るという話を聞きますがこれは様々な要因が絡みあって太りやすい状態になってしまっているということです。

そのため、これらの原因を解決できるようなアクションを落としていくのが効率よくお腹周りの脂肪を落とす上では大切です。

 

男性は女性に比べて脂肪を落としやすい

 

よくお腹周りの脂肪が全然落ちない・・・

といった話を聞きますが、実は女性に比べると男性はお腹まりの脂肪を落としやすいというのはご存知でしょうか?

脂肪というのはおおまかに

  • 皮下脂肪
  • 内臓脂肪

この2種類があります。

 

男性の脂肪は内臓脂肪が多く、女性の場合は皮下脂肪がつきやすいという特性があります。

一時期隠れ太りなんていう言葉が生まれたように話題になった内臓脂肪ですが、比較的落としやすい脂肪なのです。

 

その理由というのが、内臓脂肪は血中に溶けやすいという特性があるから。

 

なので、お腹の脂肪を落としたいと思ったら、ものすごい気合いをいれて断食したり、ストイックな筋トレをしないといけないというわけではないのです。

 

まずは先ほどお伝えした原因で思い当たる節があるところから改善していく必要があります。

もちろん短期間でとなればそれぞれ取り組んでいくことが大切になります。

続いては短期間で痩せる方法についてお伝えしていきます。

 

短期間でお腹をへこます方法

カロリーの摂取量を減らす

 

まず大切になるのが、カロリーの摂取量を減らすことです。

ダイエットの大前提として、摂取カロリーに対して消費カロリーが多くないと痩せることはできません。

 

そのため、いくら運動したとしても消費しているカロリー以上に食べてしまってはなんの意味もありません。

また、運動によって体脂肪を落とすのはかなり時間を要します。

 

例えばランニングで消費するカロリーは簡単な計算式ですと以下の通りです。

  • 消費カロリー=体重(kg)×距離(km)

つまり体重80kgの人が5km(おおよそ皇居ラン1周分)走ったとしたら400kcalです。

これはどんぶり飯1杯が約400kcalですので、普段どんぶりくらいご飯を食べる人はこれだけで運動で消費した分のカロリーを摂取してしまっていることになります!

 

80kgの人が5km走ること自体かなり過酷なではないでしょうか?

 

もちろん基礎代謝などがありますので、これで全く痩せないということではありませんが、具体的な消費カロリーを知ることでつい食べ物に手が伸びてしまう・・・といった状況を防げるのではないかと思います。

 

筋肉の衰え

 

筋肉量は基礎代謝に影響します。基礎代謝な誤解を恐れずに言えば何もしなくても、消費していくカロリー。いわば生命活動のために消費されていくエネルギーのことです。

基礎代謝を増やすことで、自然と痩せやすい、太りにくい体になっていきますので、筋肉を鍛えることは大変重要です。

それ以外にも、筋肉をつける段階で汗をかくことで体のデトックス効果があります。体のめぐりがよくなるので、栄養が体の節々まで行き届きやすくなるので、代謝がよくなる効果が期待できます。

運動の種類によって効果が異なってくるので、組み合わせると効果的です。

 

例えばランニングなどについてはめぐりをよくしたり、消費カロリーを増えす上では良いとされています。

ランニングは20分以上行うと、血中のエネルギーを使い終え、体に溜まっている脂肪をエネルギーとして代替して消費しはじめるので、ランニングを取り入れるのであれば、20分以上走るようにしましょう。

 

筋トレは筋肉量を増やす働きが強いので、基礎代謝の向上に向いています。

中でもおすすめなのはスクワットです。太ももは筋肉量が人体で一番多いので、効率よく筋肉量を増やすことで基礎代謝の向上が望めます。

それ以外にもお腹周りを引き締めるために腹筋を取り入れていきましょう。

 

酵素の不足

 

生命活動を維持する上で欠かせない酵素。

生野菜などに多く含まれており、熱を使って調理すると死滅してしまう(諸説ありますが、50度以上では酵素は生きられない)ことから、生野菜等を摂取するのが大切とされており、最近では酵素ダイエットなるものも流行っていますね。

 

なぜ酵素が必要かというと、人体の酵素はどんどん減少していくからです。

 

特に30歳からの酵素の減少はかなり激しくなります。

酵素には様々種類がありますが、ダイエットに特に関係してくるのが、消化酵素です。消化に関する働きを担っているのですが、これが不足してしまうと消化不良を起こしてしまいます。

 

例えば焼肉を食べた翌日に胃もたれを起こして気持ち悪くなった記憶はありませんか?

これも消化酵素が不足していることが1つの原因になります。

年齢と共に体で作られる量が減っていく消化酵素を外部から補うことで、しっかり体の消化機能等を助けられう状態を作り、脂肪を溜め込まない体質になるのが大切です

 

ストレス

 

 

ストレス太りという言葉もあるようにストレスと肥満には深い関係があるのはご存知でしょうか?

ストレスを感じると大脳辺縁系という部分が興奮状態になり、ドーパミンというホルモンの分泌量が増えることがわかっています。

 

ドーパミンは摂食中枢に働きかけ、食欲が増してしまう効果があります

 

それ以外にも、レプチンというダイエットに大変重要な物質にも変化を与えます

レプチンは満腹中枢を刺激して食欲を抑えるいわばブレーキとも言える役割を担っているのですが、ストレスによって正常に作用しなくなると食欲を抑えることができなくなってしまうのです。

 

ストレスは食欲を増大させて、抑制できなくするという二重の効果があるため、ストレスで太ってしまうのです。

ストレスを解消するためには、趣味に没頭したり、リラックスする時間を作ったり、友人と遊びに行ったり、恋人と楽しい時間をすごしたりととにかくストレスの原因となるものを忘れるくらいの何か行動を起こす必要があると言えます。

 

ストレス社会とも呼ばれる現代社会ですが、上手くストレスと向き合っていく方法を模索していきましょう。

 

不規則な生活習慣

 

生活習慣というと

  • 食生活
  • 睡眠
  • 運動

など様々な要因があります。

 

運動や食生活についてはすでに一部お伝えしましたが、食生活についてはまだ重要な点があり、食べるバランスも注意しなくてはいけません。

短期間でお腹をへこませたい方の中には、糖質制限などによって、脂肪を増やさないように努力している方もいると思います。

 

しかし、栄養のバランスが悪くなると、摂取した栄養を充分に活用することができず、筋力の低下や脂肪を蓄えやすい体質になってしまう可能性もあるため注意が必要です。

また、食べない時間が長かったり、食べる時間が遅いと脂肪を蓄えやすくなってしまうため注意が必要です。

 

空腹の時間が長いと時間に摂取した食事を体が蓄えようとして脂肪の吸収率が上がってしまいます。

食べる時間帯が遅いと脂肪は日中以上にカロリーに溜め込みやすいという特徴がありますので、注意しましょう。

 

睡眠についてですが、睡眠不足の人は、肥満になりやすいとう研究結果がアメリカで発表されています。

その原理としては先ほども登場した『レプチン』が減少してしまうことです。

それ以外にも、食欲を増進するホルモンである『グレリン』が多く分泌されることがわかっています。

 

ちなみに、レプチンとグレリンは表と裏のような関係性があります。

それ以外にも睡眠不足は脂肪を燃焼しにくい体になってしまうことがわかっています。

睡眠中は日中に比べて寝返りがあるものの体を動かすことが少ないので、筋肉がこわばったり、血流が悪くなってしまうのです。このため、代謝が落ちることが脂肪の燃焼に影響を与えると言えるでしょう。

 

徹底的に体作りしたい人は・・・サプリと加圧シャツの神アイテムを使うしかない!

 

さて、中年太りでお腹がボヨボヨとしてきた男性諸君は今回の記事が参考になったことと思います。

ただし、もっと効率よくカッコイイ体になりたい!ということであれば、ぜひとも試してほしいアイテムがあります。

 

それが、今話題のHMB配合のマッスルサプリメントと着るだけでムキムキになれる加圧シャツです。

筆者は両方とも試しており、一時期体重が68キロまで増えてしまい、お腹が超絶出ていたのですが、このアイテムを使うことでたったの3ヶ月で元のカラダに戻る事が出来ました。

 

〉〉メタルマッスルHMBの公式ページはこちら

〉〉スレンダーマッチョプラスの公式ページはこちら

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

お腹に脂肪がついている原因や実はお腹の脂肪は比較的落としやすいという話と合わせて、短期間でお腹の脂肪を落としてへこますための重要なアプローチについてお伝えしました。

お腹周りの脂肪は日々の生活習慣からついているものですので、特攻薬のようなものはありませんが、生活習慣を徐々に改善していくことで自然と痩せてしまうような習慣を形成していきましょう。