細マッチョになるには?30代肥満体型でもイケてるカラダになる方法

細マッチョになるには?30代肥満体型でもイケてるカラダになる方法

もしかしたら最近

『お腹の脂肪がやばいw』

と感じているのではないでしょうか?

もしかしたら気付いていながら見てみぬフリをしているなんてことも・・・

ただ、この記事を見てくれているという事はこのままじゃやばい!という人だと思います。

 

どうせなら格好良く細マッチョになりたいけど、なかなかダイエットもめんどくさいという方も多いと思います。

30代になると代謝が自然と落ちてきたり、お肌の調子も悪くなったりと男性でも曲がり角を迎えます。

今回は食事面やトレーニング面で30代で肥満体型に悩んでいる方に向けて、細マッチョになる方法を紹介していきますので、イケてるメンズになりたい方は参考にしてみて下さい〜。

 

肥満→細マッチョへの道

肥満体型になった理由はそれぞれ色々あると思います。

  • 食べるのが大好き
  • 飲み会が多い
  • 忙しくて運動する暇もない

 

色々理由はあっても実は根本的には、

摂取カロリー>消費カロリー

という状態になっていることが原因です。

 

痩せ型の人と比べて肥満型の方はしっかり食べることができて、胃腸も強い方が多いという特徴があるので、細マッチョになるには実は意外と適しています。

ただ重要なのは『食欲を抑えること』です。

食欲さえ難しければ肥満体型の人はイケてるカラダになることができます!

 

重要なのは、

  • 脂肪を落とすしてできるだけ、筋肉をつける
  • 先に筋肉をしっかりつけてその後絞る

という2パターンのどちらか、自分にあった方を選択することです。

脂肪をまず落とすといった観点では、ライザップのようなイメージなのでイメージしやすいかもしれませんね。

 

脂肪を落とす方法としては

  • カロリー制限での減量
  • 糖質制限での減量
  • 運動による減量

などの方法があります。

 

ライザップは糖質制限の方法を使っていることで有名ですよね。

糖質制限のいいところは空腹感を感じにくいところです。

様々な方法がありますが、先に脂肪を落としていった方が目に見えて変化がわかるので、そちらの方がモチベーションが維持しやすいかもしれません。

今回は、肥満体型の人におすすめの糖質制限のダイエット方法について、お伝えしていきます。

 

食事面〜肥満体型の人に糖質制限がマッチしている理由とは?〜

 

ライザップなど、様々場面で話題になっている糖質制限ダイエット。

名前からして痩せそうなイメージがありますが、その仕組みとしては糖質を制限することでエネルギーとして脂肪が使われる状態にすることで脂肪の消費量を増やすダイエット手法です。

 

そのため、脂肪がたくさんある肥満体型の人には効果的です。

ただデメリットとしてはそれ自体で筋肉が増えるわけではないので、細マッチョを目指すためには筋トレをする必要があります。

 

スケジュール感としてはできれば減量は2〜3ヶ月を目標にしたいところです。

だらだら減量を続けることはモチベーション管理の面からもおすすめできません。

 

もちろん糖質制限している間は筋トレも平行して行っていきます。

これはそれによって相乗効果が見込めるからです。

体脂肪の具体的な目標としては10%前後です。

最近では自宅でもできるライザップとして書籍が出ていたり、コンビニ食品でもできる糖質制限ダイエットの情報がネットでも出ているので、自分のライフスタイルにあった方法を取り入れていきましょう。

 

筋トレ面

腹筋

細マッチョといえば適度に割れた腹筋をイメージする人も多いと思います。

細マッチョとして必須である腹筋を鍛えるために初心者の方にもおすすめなのがクランチです。

一言に腹筋といっても正しく筋肉に負荷をかけないと無駄になってしまいますので、動画を見ながら正しい腹筋の仕方を覚えていきましょう。

 

大胸筋

細マッチョ第二の条件とも言える、大胸筋。

ジムならたくさんの選択肢がありますが、自宅でできるトレーニング方法としておすすめのちょっと特殊な腕立て伏せについてお伝えしていきます。

 

通常の腕立て伏せなら手を並行においていくと思いますが、こちらの種目は少し開いてさらに手を外側に向けます。

これによってしっかりと自宅でも大胸筋に負荷を掛けることができます。

 

ダイエットにおすすめのスクワット

細マッチョというとどちらかというと上半身のイメージが強いので、あまりスクワットを取り入れようという方は少ないかもしれません。

しかし、実はスクワットは、ダイエット効果でいうと腹筋500回=スクワット15回とも言われるくらい重要な種目です。

というもの太ももは人体のなかで一番筋肉量が多いのです。

そのため、太もも、を鍛えることでカラダ全体の筋肉量を効率よく増やすことができ、それによって基礎代謝の向上が見込めます。

 

消費カロリーが増えるということは太りにくく、痩せやすいカラダに近くということなので、肥満体型からダイエットして細マッチョになりたいという方にはおすすめの種目の1つです。

 

ただ単に、スクワットをするのではなく、正しいスクワットのやり方を覚え、痩せやすいカラダを作っていきましょう。

続いては、ダイエットを過去に諦めたことのある方やモチベーションの維持が心配な方のために、モチベーション管理で重要なことをお伝えしていきます。

 

モチベーションを管理するのに最適な方法

 

痩せること、筋トレ以外にも仕事や勉強など様々な面で重要になってくるのがモチベーションの管理です。

実はモチベーションの管理にはコツがあります。

 

人は潜在意識が97%、残りの3%は健在的な意識で動いていると言われています。

そのため、意識的に○○をしようと思っても意思の力が弱まってしまい、挫折してしまうということが起こってしまうのです。

 

『今日だけ、ご褒美に○○を食べよう・・・今日だけ・・・』

といってついつい甘いものを口にしてしまったり、ドカ食いしてしまったことがある方も多いのではないでしょうか?

 

習慣化が大切

大切なのは、『習慣化』してしまうことです。これによって、無意識レベルで行うことが可能になります(潜在意識を使うということ)

習慣化に重要なのが、続けることです。人は21日同じことを続けると習慣になりますので、まずは21日、筋トレや糖質制限を続けてみて下さい。

ただ中には「いやいや、21日も続けることなんてできないっしょ」という方もいるかもしれません!笑

 

そんな方におすすめなのが、なんでダイエットをしたいのかをまず書き出してみることです。

  • 家族のため
  • 可愛い彼女を作りたい
  • 自分をもっと好きになりたい

などなど様々な理由があると思います。

 

ダイエットを通じて得たいことに対する意識や想いが強ければ強いほど意思の力が強くなります。

ただなんとなくでも、始めようと思った理由はあると思いますので、今一度整理してみましょう。

 

ゴールまでの階段を作る

それ以外にも、大切なのがゴールへの道を作る事です。

今の状態→細マッチョまでにはステップがあります。

いきなり明日細マッチョになれる方はいないですからね!笑

 

途中のステップが見えないから、ゴールまでの距離がわからず挫折してしまう方は多いと思います。

実際に肥満体型から細マッチョになれた方の体験記などを読んで、定めたゴールまでにどのようなステップを踏んだかを知ることで途中の過程部分を知りイメージを膨らませていきましょう。

  • どのようなトレーニングをしたか
  • どのような食事をとったか
  • どのような意識で取り組んだか
  • 挫折してしまいそうな時期をどう乗り切ったか

このようなことを事前に調べておくことで、具体的に1日にこなす必要のあるメニューや食事を作り、失敗してしまいそうなリスクに向けてその状態になったときにどのような対策を行うのか先に決めておくと挫折しそうになったときに回避することができます。

 

ダイエット自体が目的というよりもダイエットして細マッチョになったときに得たい未来の姿にフォーカスをあってて明るい未来に向けてアクションを起こしていきましょう。

 

肥満体型→細マッチョになった方の体験談

実際に細マッチョになれた方の体験談をお伝えします。

私の場合は3ヶ月で体重を77kgから62kgまで落とすのに成功しました。

方法としてはやはり糖質制限と筋トレ、有酸素運動です。

 

筋トレはスクワットを中心に、腹筋は割たかったので、腹筋とあと大胸筋をやりました。

バランスよく大胸筋から腹筋まで鍛えられる腕立てを中心に下の腹筋は机の上で足を上げる運動を主にやってましたね。

有酸素運動については皇居ランを週1回のペースでやりました。最初はどちらかというと『皇居ウォーキング』でしたが(笑)

 

食事は糖質は制限するのですが、あまり糖質が入ったもので好きなものが多いわけではなかったので、割とすんなり入れたかなと思います。特に最近ではコンビニで買えるものの中に糖質制限で痩せるためやビルドアップに適したササミやたまごも売っているので、結構お世話になりましたね。ゆでたまごは子供の頃に食べていて好きだったのも良かったのかもしれません。

 

ついつい、間食しそうになってしまうときもありましたが、糖質がないものなら週に2回までと決めて甘えられる部分を作っておいたのも今では良かったと思いますね。人間、意思の力はあまり強くはありませんから。

 

実際に糖質制限の方法を痩せている人もこのようにいらっしゃいます。

意思の力をできるだけ使わないように自然と習慣化できるようになった方がやはり成功しているようです。

事細かにやってしまうと、途中で挫折してしまう可能性もあるため、少し甘えられる部分を残しておくのもコツのようです。

 

更に効率よく細マッチョになる方法

30代の肥満が細マッチョになる為に、おすすめのトレーニング方法をお伝えしてきましたが、かなり地道なトレーニングになります。

もちろん、やならければ理想のカラダを手に入れる事は出来ないのですが、効率よく細マッチョになる方法をお伝えします。

それが、トレーニングをしながらHMB配合のサプリメントと今話題の加圧シャツでブーストすることです。

 

HMB配合のサプリメントを摂取する事でより効率よくカラダを鍛える事ができ、実際にプロのトレーナーなども推奨してくれています。

しかも、最近出たばかりのモノで、ガクトさんが愛用しているメタルマッスルHMBが最高におすすめです

 

続いてもう一つおすすめなのがあの芸人のまっちゃんなども愛用していると噂の加圧シャツ。

着ていることで圧がかかり、筋肉に負荷がかかるため細マッチョになれると話題になっています。

管理人も実際に購入したのが、スレンダーマッチョプラスというアイテムです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は30代の肥満に困っている方は細マッチョになるにはどうすればいいかについてお伝えしてきました。

 

30代は代謝が落ちたり酵素が減ってきて、消化能力が落ちた結果カラダに脂肪を溜め込みやすい状態になりがちです。

そのため、基本となる規則正しい生活を意識しつつも、筋トレ・運動や糖質制限など習慣化して年齢を重ねてもイケてるカラダでいられるようにセルフマネジメントをしっかり行っていきましょう。

 

自身でマネジメントするのが難しかったり運動に挫折してしまうかも・・・という方は全体的なマネジメントならライザップなどお金を使って人の力を借りたり、筋トレ面ならシックスパッドなど体を動かさなくとも筋トレができる方法を取り入れたり、食事面なら酵素サプリなど補助的なものを使ったりと苦しいダイエットを少しでも楽にできるように何かしらの力を借りるということもときには重要です。

 

自分にあったダイエット方法を取り入れて憧れのイケてるボディを手に入れましょう!